コーチング3.0に向けて

世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。

2000年以前・・・その道の先達が自分の考え方や知識、技能を教え込む。スポ根アニメに象徴される主観的な精神論とスパルタ指導。コーチの属人性に依存したコミュニケーション。⇒コーチング1.0の時代
2000年以降・・・上下関係から横の関係、パートナーシップにもとづいて本人の潜在力に働きかける肯定的なアプローチ。双方向性の高いコミュニケーションを重視し、スキルを体系化。⇒コーチング2.0の時代
2015年以降・・・パターン化されたコーチング手法の限界をふまえた生成的な対話の模索。神経科学の進展にもとづく理論の深化。相手の状況や目的に応じた最適の実践を体系化する取り組み。 ⇒コーチング3.0の萌芽

MBCCは、世界でもいち早くコーチング3.0の探究と実践に向けて動き出したコーチングの実践家育成プログラムであり、プログラムを開発・供給するオープンなコミュニティです。
探究的で実践的な学びの先駆者たちがチームをつくり、オープンなコミュニティを日本から世界へ発信するためにスタートしました。

ハーバード大学医学部とマサチューセッツ総合病院が80年にわたって追跡調査した研究で、誰もが願うはずの幸福・健康を決定づける要因がわかりました。それは「良い人間関係」です。他方、企業の組織開発においては、そこで共に働く人々の「関係性の質」が「思考の質」に影響を与え、「思考の質」が「行動の質」に影響を与え、「行動の質」が「結果の質」に影響を与える・・・さらに、「結果の質」は「関係性の質」に影響を与えるという考え方が有名です(マサチューセッツ工科大学 組織学習センター創設者、ダニエル・キム教授が提唱した『成功の循環モデル』)。

ソーシャルキャピタルとは、簡単に言えば「人々の関係性は豊かな社会を築き、社会を支える重要な資源である」という考え方です。ウィキペディアでは次のように説明されています。

パーパス(目的):コーチングを21世紀のソーシャルキャピタルに

ソーシャルキャピタルは、社会学、政治学、経済学、経営学などにおいて用いられる概念。人々の協調行動が活発化することにより社会の効率性を高めることができるという考え方のもとで、社会の信頼関係、規範、ネットワークといった社会組織の重要性を説く概念である。人間関係資本、社交資本、市民社会資本とも訳される。

出典元:Wikipedia

ビジョン(大きなゴール):日本から世界へMBCC実践家のネットワークを拡げる

良い人間関係は人の幸福と健康に寄与し、また組織の発展に寄与する。ならばその良い人間関係をプライベートでもビジネスにおいても、着実に築いていくプロセスをリードする人々を増やしていきたいと、私たちは考えています。コーチングが空気のように溶け込んだ世界をイメージし、それをMBCCが歩みつづけるための指針にしています(北極星をみながら砂漠を進む旅人のように)。
ソーシャルキャピタルは文字通り社会の共有物です。ですから本当にそれを実現するためには、実践家を社会全体に広げていかなければなりません。そこでMBCCは、「日本から世界へと、MBCCコミュニティ(実践家のオープンなコミュニティ)を拡げることをビジョン=大きなゴール」にしています。

Mindfulness Based Coach Campの
「Camp」とは?

Campには「仲間」「同志」といった意味があります。登山や冒険旅行の基地といったイメージ、そして焚火を囲むキャンプファイアーの皆が一つになる様子。さらにはサッカーや野球など、よくスポーツで使われるトレーニングの場としてのキャンプ。
それらの意味やイメージを包含するものとして、私たちのプログラムとコミュニティをCamp=キャンプと名づけています。

ビジョン(大きなゴール):日本から世界へMBCC実践家のネットワークを拡げる

世界の各地域、コーチングの対象となる領域

世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。

  • リスト2000年以前
  • リスト2000年以降リスト2000年以降
  • リスト2015年以降
  1. リスト2000年以前リスト2000年以降
  2. リスト2000年以降
  3. リスト2015年以降

画像を右寄せにしました

世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。

画像を左寄せにしました

世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。

画像を中央に配置しました

世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。世界の各地域、コーチングの対象となる領域(ビジネス、教育、スポーツ等)によって違いはありますが、日本では概ね2000年前後を境目にしてコーチングの概念は更新されてきました。そこで、私たちは2000年以前をコーチング1.0の時代、2000年以降をコーチング2.0の時代と、大まかに整理してみました。