125時間におよぶ体系的なコーチングの実践家養成プログラムであるMBCC(基礎コース/応用コース)のエッセンスを、職場や日常生活におけるコミュニケーションの開発と改善に役立てるため、広く老若男女向けに一般化したスペシャルプログラムです。

共感コミュニケーションとは

目の前にいる相手に寄り添う気持ちで注意を向けながら

自分に起きる反応や現れてくる思考にも気づき

相手に対する理解と互いの共有を拡げていくコミュニケーション

 

共感コミュニケーションのプログラム構成

共感コミュニケーションのセミナー開催は MBCC主催でのショートセミナー形式と、  

Module1:共感の本質

  • そもそも「共感」とは
  • なぜ「共感」が社会で大切なのか

 

Module2:共感力の実践

  • 知・・・自他のギャップを科学する
  • 行・・・共感コミュニケーションの手順と実践
  • 感・・・内的反応への気づきと制御

 

Module3:共感コミュニケーション・ワークショップ

Module1Module2の「行」を学び、日常ですぐに実践できる手順を身につける。 (内容は2時間の体験プログラムから1dayプログラムまでアレンジします)  

Module4:自他のギャップを科学するDiSCセミナー

Module2の「知」に焦点を当てた4時間~7.5時間のプログラムです。世界中で広くコミュニケーション開発に活用されているDiSCを、共感力の開発と実践という観点から活用します。 DiSC・・・米国Wiley社が開発した人の思考・行動スタイルの多面的なアセスメントと、その理解にもとづくコミュニケーショントレーニングのツール  

Module5:マインドフルネス基盤の養成

Module3の4時間以上のプログラムに、マインドフルネスの基本を組み入れます。

 

過去に開催されたMBCC共感コミュニケーションのセミナー