基礎コース第9期早割

吉田典生(MBCCファウンダー)

恐怖を煽ると人は考えなくなる。恐怖を希望に変えることが大事。大川小学校を襲った津波で小学六年生の娘さんを失くされた、佐藤敏郎さんがラジオで語っていました。

忙しすぎて考える時間がないからマニュアルに頼る。マニュアルがあれば何とかなるから、マニュアルを提出することが目的になる。マニュアルがあるから安心してしまい、想定外のことが起きると対処できない。

1年前、直にお話をうかがったときのことが蘇ってきました。9年目の3.11は、新型コロナウィルス拡大によって世界が想定外に包まれています。通用するマニュアルを持つ人は、世界に一人もいません。

一か月前に想像していたよりも、はるかに早く広がっている感染状況をみながら、今日(注:執筆した3月11日)、思ったことがあります。

これは今の世界が分かちがたく繋がり、世界中の人々が繋がっていることを示す、この上ないファクトではないか、ということです。憶測が流れ、デマが飛び交い、意見の違う相手を攻撃する。なんだか嫌な空気が広がっています。

今、世界の状況から、私たちが学ぶべきことは何か。

不思議なことに、「こんなに繋がっているんだ」という知覚の後を追うように、この問いが浮かんできました。恐怖と不安を拡げているのが繋がりなら、それを希望に変えていくのも繋がりではないでしょうか。

コーチは、智慧と行動を創出するプロセスの専門家です。コーチングは、何が起きようが自分で自分を何とかすることを支援するプロセスです。われわれの実践が広がって社会資本になっていけば、新型コロナウィルス後にも襲ってくるであろう、世界のさまざまな恐怖と不安を希望に変える一助になることでしょう。

MBCCの大切な仲間とご家族のみなさま、世界中の人々が、一日も早く平穏な生活を取り戻せますように。

人間らしく理性をもって、この難局を乗り越えて行きましょう。

 

 

<新型コロナウィルスへの私たちの対応について>

MBCCチームは4月からの基礎コース9期、5月からの応用コース4期をはじめとする今年のプログラムについて、必要な人に必要な学びと実践の機会をお届けできるよう、複数のシナリオで準備を進めています。

どんな困難が待ち受けていようと、いずれは収束するこの状況の先にある未来を想像しています。この不測の事態は、より多くの人が各自の生活環境によって学びを諦めることなく、安心してMBCCの玄関に入っていただけるようにする好機だと考えています。

直近の対策はもとより、夏以降に向けた新たな学習プラットフォームの構築も進めているところです。

パンデミックを受け入れて進んでいくしかない今、メンバー各自の健康管理、コミュニティの情報共有、健全な行動の取捨選択にチーム全員で努めてまいります。

 

新型コロナウィルスに関するICF(国際コーチング連盟)からの声明と特設サイト