コーチングの学びをアンラーニングする。
アンラーニングとは一度学習した知識や価値観を手放し、新たに学習し直すこと。
これまで学んできたコーチングの学びは間違いなくあなたの大切なリソースです。
しかし学んだ範囲で満足してしまうと、その先の成長が望めなくなる可能性があります。
MBCCでは、コーチングの学びをアンラーニングすることの大切さを体験し、
あなたがこれまで学んできたコーチとしてのリソースをアップデートできるプログラムを
ご用意します。

コーチングが上手くいかない IN CASE COACHING DOESN’T WORK

これまで学んだコーチングが上手く活かせないという声を多く聞きます。

その理由の一つに、
対話のテクニックにたよったコーチングになっていることが考えられるかもしれません。

もちろんコーチングにおいて対話のテクニックは大切です。
対話のテクニックだけでもコーチングが機能する場面もあります。
ですがそれ以上に大切なことは、
対話のテクニックをつかうコーチ自身の「自己管理力」です。

コーチ自身の自己管理力は、
コーチ自身の無意識な思考を意識化することにもつながり、
その場における最適な選択を行う判断力にも役立ちます。

自己管理ができない状況において考えられることは、
例えばコーチが相手の繊細な状況に気づけない、
コーチが相手の深刻な状態に飲み込まれる、といった状態に陥ることが挙げられます。

コーチがこのような状態のまま対話のテクニックだけを駆使し
コーチングに臨んでしまうと、
思考が単純化し適切な判断力が失われた状態でやみくもに質問を投げたり、
自分の考えに誘導したり、
あるいは相手に過度なストレスを与えてしまうことも起こりえるでしょう。
だからこそコーチは自分自身を管理する自己管理力が重要となり、
どんなに経験豊富なコーチであっても鍛え続ける必要のある力とも言えるのです。

コーチ自身が
自己管理できていない
場合

  • 相手の繊細な状況に気づけない
  • 相手の深刻な状態に飲み込まれる

その結果

思考が単純化し適切な判断力が失われる。
やみくもに質問を投げたり、自分の考えに誘導したり、
相手に過度なストレスを与えることになる。

自己管理力を鍛えるための
自己認識力と
マインドフルネスの重要性 THE IMPORTANCE OF
MINDFULNESS AND SELF-AWARENESS
TO TRAIN SELF-MANAGEMENT SKILLS

では自己管理力とはどのように鍛えていけばよいのでしょうか。
その第一歩は自分自身の状況を気づく力を高めること、すなわち自己認識力です。

もっと言ってしまうと、
今この瞬間に起こっている自分自身を認知する力を高めることが
自己管理力を鍛えるための重要なリソースになるのです。

そしてこの力こそがマインドフルネスであり
マインドフルネスをベースとする
マインドフルコーチングの源流にもつながります。

自己管理力を鍛えるための自己認識力

コーチングの学びは
「再構築」できる LEARNING OF COACHING CAN BE “REBUILT”

これまでコーチングを学ばれてきた方にとっては
コーチングを再び学びなおそうとしたときに、
これまで学んできたことを手放すことになってしまうと考えてしまうかもしれません。
しかしMBCCのコーチ養成プログラムは、
これまで学んできたコーチングの知識を生かしつつ、
どのようなシーンでも生きる基礎を再構築することを重点においています。

また、コーチングの学びにおいて正解は1つではありません。
これまで学んできたことを一度壊し、
再び学びなおすことによって、自身のコーチングの学びがアップデートされ、
コーチとしての深みや幅が養われていくものと私たちは考えています。

これまでの知識→分解・整理→再構築・アップデート

MBCCでは、
このようにコーチングを既に学ばれた方が、
更にその力を生かせるためのプ実践的なプログラムを提供します。

コミュニケーションの探求を続ける
MBCCの詳細はこちらから