Mindfulness Based Coach Camp MBCC修了技能審査について

MBCC全コース修了技能審査

MBCCでは応用コースまでの受講を終えた方を対象に、「プロフェッショナルとしてのコーチング技能修得」に関する技能審査を実施します。

審査基準は国際コーチ連盟の認定に準拠し、同団体の認定取得を目指す方が対象です。

なおMBCCは、技能レベルの修了認定を含むプロセスの実施を、国際コーチ連盟から承認されています。したがって下記の要件にもとづいて実施される「MBCC全コース修了技能審査」は、ICFコーチ認定の各レベルへの到達を測り、それをICFに対して証明するものとなります。

申請に必要なもの/要件

MBCC基礎・応用コースの全課程を終えたことを示す「学習証明証」
※MBCC事務局でご用意します。
10時間のメンターコーチングを終了している
クライアントとのコーチングセッションの録音
(MP3形式で録音したものを事務局に送信)
※セッションは20分~60分。60分を超えるセッションは受理されません。コーチングの開始から終了までがトータルに録音されている必要があります。

審査方法

① 書類(上記内容)

② 実技MBCC事務局が指定するクライアントとのコーチングセッション(録音審査)

申請方法

申請
お申込み期間は下記を参照。
MBCC修了技能審査の実施スケジュール >>
書類の確認・審査
お送りいただくコーチングセッションの内容も、技能審査の対象になります。明らかに基準を下回る場合、再チャレンジをご提案する場合もございます。
技能審査
MBCC事務局が用意するクライアントに対してコーチングを行い、録音したものを審査します。セッションには、担当アセッサーがオブザーバーとして入ります。

ご自身による手続き

ICFへの申請
ここから先は、ご自身で行っていただくICFとの直接のやり取りになります。
CKA
結果連絡
ICFの認定は3年ごとの更新が義務づけられ、40時間の継続学習(CCE)が必要です。MBCCでは認定を取得したMBCCメンバーズに向けて、質の高い継続学習機会をご提供していきます。

CCE(継続コーチ専門教育)とは

CCE=Continuing Coach Education
コーチの継続学習を目的とした承認プログラムです。MBCCでは既に認定を保有している方や学び続けたい受講生のために、MBCCの本コースとは別にさまざまな継続学習コースをご用意しています。

申請費用

16,500円(税込)

ICFへの受験申請要件

MBCC全コースの修了認定に合格しICFに認定申請を行うには、合わせて次の条件を満たす必要があります。

ACC アソシエイト・サーティファイド・コーチ

◆MBCCのプログラム受講開始後、少なくとも8人以上のクライアントと最低100時間のコーチングセッションを実施している(うち有料セッション75時間以上)
◆上記セッションのうち最低25時間は、申請提出前の18か月以内に実施されたものであること。
◆CKA(コーチ・ナレッジ・アセスメント※筆記試験)の完了

PCC プロフェッショナル・サーティファイド・コーチ

◆MBCCのプログラム受講開始後、少なくとも25人以上のクライアントと最低500時間のコーチングセッションを実施している(うち有料セッション450時間以上)
◆上記セッションのうち最低50時間は、申請提出前の18か月以内に実施されたものであること。
◆CKA(コーチ・ナレッジ・アセスメント※筆記試験)の完了

※MBCC全コース修了の技能審査をパスした方は、それ自体がICFによる技能審査とみなされます。よってICFへの受験申請は、MBCCのような正式な承認プログラム以外からの申請とは区別されて、ACC申請では最低200ドル以上、PCCでは最低275ドル以上、割安になります。

ACC認定の申請費用
100ドル(ICFグローバル会員)/300ドル(非会員)
PCC認定の申請費用
300ドル(ICFグローバル会員)/500ドル(非会員)

MBCC修了技能審査の実施スケジュール

2021年 スケジュール

第1回 申請期間:2月1日~2月15日 
技能認定審査:3月16日~3月31日  
終了しました
第2回 申請期間:5月1日~5月15日 
技能認定審査:6月15日~6月30日  
終了しました
第3回 申請期間:8月15日~8月31日 
技能認定審査:9月15日~9月30日  
終了しました
第4回 申請期間:11月1日~11月15日 
技能認定審査:12月1日~12月25日

ICFグローバル会員入会の勧め

ICFの認定申請を行う上で、ICFのグローバル会員に入会することを推奨しています。
ICFのグローバル会員になることで、メンバー専用ページにアクセスできます。非会員でも認定申請は可能ですが、申請費用が割高になります。プロフェッショナルコーチとしての継続学習や最新情報の共有、ネットワーキングのために、まだ非会員の方には入会を強くお勧めします。
入会は下記のICFホームページ(英語)より行えます。

ICF(国際コーチング連盟) >>>