Mindfulness Based Coach Camp マインドフルネス

ネガティブ感情からのメッセージ 伝えようとしていることに耳を傾ける

今村佳未 投稿者:今村佳未 カテゴリー:マインドフルネスコラム

Susan David: The gift and power of emotional courage | TED Talk

「ネガティブ感情」という言葉から何を連想されますか?

一般的には、ネガティブな感情には、「怒り」「悲しみ」「恐れ」「嫌悪」「罪」「恥」「イライラ」「孤独」などがあるとされています。

出来れば避けたい感情ですが、生きていればこのような感情になることは誰にでもありますよね。

そして、これらの感情に「どう向き合うか?」により、その影響や価値が大きく変わり結果的にプラスになることは、本当に多くあることだと思います。

「怒り」の感情

怒りの感情

怒りの感情

随分と長い間、私自身が好きになれなかった感情の一つに「怒り」の感情がありました。ある事から急に沸点が上がり、自分自身を見失い、「怒り」の感情に心も体もコントロールされてしまう。そんな時の自分の言動や姿を、後になって後悔したり自己嫌悪に陥ってしまったりしていました。

 そんな私もマインドフルネスと出会いトレーニングを重ねたことで、感情的に怒ってしまった自分に気づけるようになったのは大きな進歩でした。徐々に「感情的に怒っている状態」に気づく速度も上がり、自己観察や呼吸法などで自分自身を取り戻してから、その「怒り」の感情に向き合うことが出来るようになりました。

 但し、私の場合、「怒り」の感情に対する嫌悪感だけは変わらないままでした。

「怒り」の感情があなたに伝えようとしていること

 最近、あるコーチングを通して、この「怒り」の感情と向き合う機会がありました。

「『怒り』の感情があなたに伝えようとしている、最も大切な事はどんなことですか?」

コーチからの問いかけで、とても深く内省しました。そして、私の「怒り」の感情から聞こえた言葉は、

「本気だよ。本当に真剣に考えているから怒っているんだ。」

でした。この言葉を聞いて心底納得出来ました。私が感情的に怒っていた時の多くは、大切な人や事に対して、本当に真剣に考えている時だったからです。それを伝えてくれた「怒り」の感情に、初めて感謝をしたことで、私の大切な一部に仲間入りしてくれた、そんな感覚を味わうことが出来ました。同時に、感じていた嫌悪感が大分薄れていることに気がつきました。

ネガティブな感情に耳を傾ける

ネガティブな感情に耳を傾ける

ネガティブな感情に耳を傾ける

自分自身のネガティブな感情に気づいた時は、その感情に耳を傾け、どんなメッセージを発しているのかを聴いてみる。(ジャーナリングでもいいですね。)そして是非、尋ねてみて下さい。

「その感情があなたに伝えようとしている、最も大切な事は何ですか?」

人生をかけて、人間の感情を研究し続けている心理学者スーザン・デイビッドさんも、こちらの動画の中で、彼女自身の実体験を語られています。

Susan David: The gift and power of emotional courage | TED Talk

ネガティブだと思っていた感情は、実は、人生の強い味方なのかもしれません。そして、ネガティブな感情との向き合い方は、本人だけに留まらず、家庭・学校・職場・コミュニティレベルに多大な影響を与えるものです。本コラムがネガティブな感情に一歩、歩み寄るきっかけになれば幸いです。

MBCCリサーチ担当 今村佳未